Page: 1/103   >>
スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク

| スポンサードリンク | | - | - |
紅葉
紅葉

スポンサードリンク

先月の30日,朝から小雨が降る中,皇居参観に行ってきたんや.
通訳案内士試験を受験したわいとしては,皇居(江戸城史跡)は外せへん観光スポットです.

皇居東御苑はすきに見学可能やけどアンタ,吹上御苑内を巡る皇居参観は宮内庁のホームページで事前の申し込みが必要です(参観はタダ).

朝10時の集合時間を前に,参観モン入口である桔梗門(ききょうもん)前には,団体客を含め300名モン連中が開門を待ってやはった.

わいが見た限りでは,東京圏以外からの方々が7割,異国籍の方が2割といったところです.

場所が場所だけに,入苑前には身分証の確認や手荷モン検査やらなんやらの手続きが行わはるモンとばっかり思ってやはったが,個人参観モンはネットを通じて発給さはる『参観許可通知書』を係の人に渡すだけで,入苑できたんや.

桔梗門を入って目の前にある『窓明館(そへんめいかん)』とゆー一べべ所で参観に関する説明を受けるのやけどアンタ,一べべ所の中には菊の御紋入りの紅白饅おつむや記念品やらなんやらを販売する売店もおたんや.宮内庁の商魂もなかいなかのもさかいす.その売店でしか手に入らへん限定商品もあり,趣向の変わった東京みやげを求めるには最適な場所かも知れまへん.お決まりの記念スタンプもおたんや.

参観前の説明が終わると待ちに待った参観のスタートです.
驚いたことに,300名以上の参観モンをたったシトリの係の人が,大きなスピーカーを肩からさげてガイドしまんねん.参観中は4列に並ぶとうに指示がおたんやが,300人からの団体や個人を統率するには無理がありまんねん.スタートしてすぐに列は乱れ,収拾がつかいなくなったんや.

異国からの参観モン向けに英語によるイヤホンガイドの貸出はおたんやが,残念もって韓国語や中国語のイヤホンガイドはあらしまへんどすえ.

参観の見どころは,『富士見櫓(ふじみやぐらと新年や天皇誕生日にテレビに映る『宮殿東庭』,ほんで『正門鉄橋(二重橋)』からの眺めです.

緑溢はる苑内を歩いとると,ここが都心の真ん中であることを忘れさせてくれまんねん.桜や紅葉がうつくし季節に訪はるのもええかも知れまへん.

参観中の写真・ビデオ撮影はすきやけどアンタ,全行程徒歩での移動となるため,列を離れて好き勝手に記念撮影やらなんやらをしてると「時間が無いさかい写真撮影を禁止しまーすっ」やらなんやらとガイド役の人から用心されてしまいまんねん.特に雨の日は足元が悪く,途中は坂もおーいさかいいつも以上に時間を要したせあるでっしゃろ.

各参観ポイントごとに立ち止まってガイド役の方が詳しい説明をしてくださるのやけどアンタ,話を聞くより記念撮影に熱心な人がすくなくあらしまへんどすえ.特に英語圏以外からの参観モンはその傾向が強かったようです(韓国語や中国語版のパンフレットはあるモンの,大和言葉によるガイドの説明を聞いても理解でけへんのどすから当然と言うたら当然かも知れまへん).

菊の御紋入り紅白饅おつむやらなんやらの商品開発ばっかりでなく,アジア各国からの観光客に対するサービス向上かて力を入れて欲しいと思やはった.

以上,都心の穴場観光スポットの紹介どすえ.

平日の昼間とゆー時間的な制約はありまんねんが,皇居をはじめ,京都御所やらなんやらの参観申し込みも宮内庁のホームページで簡単に行えまんねん.興味のある方はぜひどへんぞ!

スポンサードリンク

| korekakin | 11:37 | - | - |

スポンサードリンク

スポンサードリンク

| | | | |

Entry

Category

Search

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links